忍者ブログ
君に、退屈を、
[554] [553] [552] [551] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 このエントリは、宗教について簡単に語られたくない、とか、宗教について知識の無い人間が、偉そうに語るな、と不快に思われる方は読み飛ばして欲しい(その代わり、と言ってはなんだが、Neil YoungのWhen God Made Me歌詞 をリンクしておく)

 しかし、暴論も混ざっているが、至って本気に書く

 

 


 「神も仏も無い」という言葉がある

 

 人間が不条理な外的要因によって不幸な状況に陥った場合に使われると思われるこの言葉

 「自分は、無神論者なので、神も仏も元々いないよ」とか、「それは、単に言葉のあやだから、字義通りの意味なんて無いよ(英語で言う 'Jesus' とか 'Oh,my God' と変わらないよ)」とか言われたらそれはそれで終わりなのだが、敢えて、字義通りに言葉を読んで、その意味を考えてみた


 最初に書いておくと、自分は(少なくとも今のところは)無神論者で、あえて言うなら闇鍋教信者(ごった煮)で、一番共感できるのは、有形無形で影響を受けている仏教かな、というところ

 宗教に関しては、恐らく表面的な理解、ステレオタイプな見方しかできていない


 で、書いたとおり、無神論者だと話が展開できないので、神(仏でもいいが)がいる、と仮定してみよう

 そして、(仮定に仮定を重ねると、真実からは遠ざかってしまうのは自明の理ではあるのだけれど、ここでもうひとつ仮定を重ねて)「神も仏も無い」と形容するに相応しい出来事が起こった、とする


 第一に起こる疑問は、「神は人間に対して、都合のいい存在、と思われているのではないか」ということ

 例えば、子供がアリの巣を潰す、我々が蚊を殺す、といった時に、「神も・・・」とは言わない

 人間に不幸が起こったときのみ「不条理」だ、と感じる

 神は、人間だけを作ったのだろうか?

 個人的に、宗教は、絶対的真理を説くというよりは、人類知の積み重ね、だと思うので(イスラム教における、一夫多妻制は、戦争により生まれた寡婦の救済制度である、とか)、都合のいいように神の概念を規定したとしても、不思議ではない


 第二に起こる疑問は、「人間は、神を理解できるのか」ということ

 不可知論

 キリスト教では、神は自分の姿に似せて作ったとなっているが、思考まで似せたのだろうか?

 人知を超えた存在が神ではないのか?

 また、不幸な状況は、個人的な感情であることが多いので、個人個人のことを考えて、神は行動するのか(この時点で、自分の中で神のイメージを勝手に作っているような気がしているが)


 第三に起こる疑問は、「異教徒が傷つけられた時、神はしたり顔をするのか」ということ

 神がいる、と信じている人間が、他の神を信じている人間に対して「神も仏も無い」行為をしているのは、実に大きな矛盾


 で、結局、何が言いたいのかわからなくなってきたが、やはり、今現在、宗教を「学ぶ」ことに興味はあっても、悲しい戦いの言い訳にしかならないような宗教は信じられない、ということだろうか(勉強不足なだけかもしれないが)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[10/28 もっぱら]
[10/26 MIO]
[10/26 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/04 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/03 もな]
[09/07 もっぱら]
[09/07 もな]
[08/19 もっぱら]
Amazonライブリンク
お買い得ウィジェット(DVD)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
もっぱら
性別:
非公開
自己紹介:
 

詳しいプロフィールはこちら










 

連絡は moppara20060122あっとgmail.com  まで

カウンター
バーコード
ブログ内検索
過去のエントリ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) やんぬるかな跡地(2012年11月23日からアメブロに移動してます) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]