忍者ブログ
君に、退屈を、
[873] [872] [871] [870] [869] [868] [867] [866] [865] [864] [863]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、めっきりエントリの数が減っているので、「もーそー」で取り上げた曲の解説でもやってみようかなと




 今回取り上げたのは、ミシェル・ンデゲオチェロの「Oysters」


 今まで、声に出して言いたくなるようなインパクトのある名前だなと思いつつ一枚もCDを買って来なかったミシェル・ンデゲオチェロだが、何となくジョー・ヘンリーがプロデュースした作品を全て買いたい気分になったので、彼がプロデュースした「Weather」を買ってみた

 何故か勝手に、彼女の音楽の方向性はファンクとかジャズなんだろうなと思っていたが、アルバムを一枚通して聞いてみるとロックやポップスの要素の方が多かった


 その中でもよかった「Oysters」を選んだのだが、まず最初に曲名を見て思ったことは「何で牡蠣なんだろう」ということ

 まぁ、心のなかにある壁というのを「牡蠣の殻」という比喩で表しているだけなんだけど、この曲を包む諦念と愛情という微妙に混ざり合った二つの感情は、この上もない美しさを放っている



 しかし、この曲はジョー・ヘンリーの曲っぽくて、実際にジョー・ヘンリー作曲かなと思っていたら、Benji Hughesという人の作品だった

 このBenji Hughesという人のデビュー作をキーファス・シアンシアという人がプロデュースしており、キーファス・シアンシアがジョー・ヘンリーの「ブラッド・フロム・スターズ」に参加している縁で曲提供が実現したっぽい

 ちなみにBenji Hughesは「Oysters」でピアノを弾いてもいる

ブラッド・フロム・スターズ
ジョー・ヘンリー
SMJ (2009-08-26)
売り上げランキング: 150615
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
最新コメント
[10/28 もっぱら]
[10/26 MIO]
[10/26 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/04 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/03 もな]
[09/07 もっぱら]
[09/07 もな]
[08/19 もっぱら]
Amazonライブリンク
お買い得ウィジェット(DVD)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
もっぱら
性別:
非公開
自己紹介:
 

詳しいプロフィールはこちら










 

連絡は moppara20060122あっとgmail.com  まで

カウンター
バーコード
ブログ内検索
過去のエントリ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) やんぬるかな跡地(2012年11月23日からアメブロに移動してます) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]