忍者ブログ
君に、退屈を、
[202] [262] [201] [200] [261] [260] [198] [259] [197] [258] [257]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 なんか、最近考えていることって、プラトンの、「イデア」論みたいな感じだから、勉強しようかな、と書いても、結局、勉強しないだろうな、と不毛な文章を




 「歓楽叶わぬ納骨堂庭園」の感情的な人間が感情を抑えて書くという事
を読んで




 まず、元となった記事、「抑制の効いた筆致」という文章


 ittuanさんは、感情的な文章を否定的に捉えているようだが、同じ日の日記のCD評は、ある程度、感情を出さなければ、書けないものだと思うし


 「感情的」というよりは、「無駄に扇情的」と言った方が正しいと思うのだが 




 >「本当に腹が立っていても、それを表に表す必要はないのだ」


 自分は、実生活でさらけ出すことの出来ない感情や些事を書くために、感情を垂れ流すために、このスペースを使っているので、激しく違和感




 >「文章はその人を表す」なんてことをぼくに言った社長がいたが、これは半分ホントで半分ウソだと思う


 確かに、ブログで書く文章は、虚飾に塗れたものだろう


 しかし、長い期間、色んなテーマについて書くと、その人の本質は、絶対に露になる


 例えば、文頭を一文字、空ける空けない、とか、ボキャブラリー、とか


 煽るわけではないのだが、感情を表に出して、嫌なことでもあったのだろうか?




 


 「歓楽」の方は、いつも、一貫してるな、と




 でも、なんだろ、「抑制の効いた」というと、自分の場合は、普段、感情的な人が、感情を押し殺したような態度、を思い浮かべてしまう


 鬱陶しさの塊の、ジム・キャリーが主演した、「マジェスティック」だとか

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[10/28 もっぱら]
[10/26 MIO]
[10/26 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/04 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/03 もな]
[09/07 もっぱら]
[09/07 もな]
[08/19 もっぱら]
Amazonライブリンク
お買い得ウィジェット(DVD)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
もっぱら
性別:
非公開
自己紹介:
 

詳しいプロフィールはこちら










 

連絡は moppara20060122あっとgmail.com  まで

カウンター
バーコード
ブログ内検索
過去のエントリ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) やんぬるかな跡地(2012年11月23日からアメブロに移動してます) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]