忍者ブログ
君に、退屈を、
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「ペルソナ」に触発を受けて書かれた)




 ボクがいない方が上手くいってる
 帰還とともに砂埃の静寂

 まるで聞き耳を立てられたくないように
 わざとらしく赤面する水面

 だったら好かれるように生きればいいじゃない
 銅像が指さした模範解答か

 生きたいように生きても、なりたいようになれないからこうなってるんじゃないか
 仮面を被る手つきが慣れていたとしても



 太陽はこの目を嫌っていて
 空なんて見上げんなよ
 昨日まで思いを馳せる波
 影を追いやってしまったとしても



 「オレはいつだっていい意味で期待を裏切る男だ」
 期待をしたことすらしたことのない男に言われてしまった

 饒舌なアナタも動作の一部のようにとりこんで
 洗濯物をたたんでいた、何気ない日々だったのに

 完全なように思えた世界がそうでもないと気づいた時
 未来を見ようとせずに叶えられなかった過去を完璧にしようとしてないかい

 過去がこうであったのならと夢想する前に
 愚鈍な走者を振りきって一歩踏み出せば



 空なんて見上げなければいい
 太陽にだって嫌われているから
 影に追いやってしまって
 鼓動を切り上げてしまおう

Evolution Theory
Evolution Theory
posted with amazlet at 12.09.26
Modestep
A & M (2012-11-13)
売り上げランキング: 214397
PR

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「空に捧ぐ思い」に触発を受けて書かれた)




 物事を表層でしか捉えないワタシたちにはぴったりだわ
 試供品の虚しさで過去を追いやるにしても

 粗雑な人生にわずらわされた
 引き出しが空っぽになった様を見て

 すっぴんが好きだっていう言葉を真に受けて
 武装しない心もとなさを

 過ぎた恋のように止められても
 とりとめもなく探し続けるの



 アナタはワタシの言葉を繰り返すだけ
 一人じゃなかったんだってわかった
 何も感じていやしなかったけど
 空が落ち始めてたわ



 夢を現実と混同するほどハッピーじゃないけど
 みんな聞いてると楽しそうだから引用しがちだったわ

 どう考えてもワタシには興味が無いじゃない
 一般論のように思えてもワタシの話のように

 思えているうちがよかったのに
 後ろ姿だけで美人を見分けられるって言いはった人を思い出す

 率直すぎるとたしなめられてないかい
 ヘッドバンギングをうなずきだと思ったとしても



 銃弾が炸裂した、代わりに
 何も感じやしないから
 火炎がその色を主張したとしても
 何も感じやしないのに

Devil in Me
Devil in Me
posted with amazlet at 12.09.19
Natalie Duncan
Universal UK (2012-07-24)
売り上げランキング: 25406

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「向日葵の声」に触発を受けて書かれた)




 何も言わずに去ったアナタの
 背中をキャンバスにしていた

 顔の輪郭すら思い出せないのに
 その唇から漏れた言葉だけは忘れられない

 人類始まって以来の下らない告白だ
 相も変わらないその物言いが

 ようやく別れを決意させたっていうんだから不思議だわ
 入り口と同時出口でもあったっていうマッチポンプ



 誰もが表層だけしか見てくれない
 笑顔の裏に何が隠れているのかなんて
 もっともっと見せていない部分があるっていうのに
 散り散りになったワタシは転がって



 絡んだ弦を伸ばせば音が鳴るかもしれない
 気まぐれな単音もいつか和音になるかもしれない

 単純が意外と幅をきかせる日もある
 策略なんて脈絡もなく唾棄をして

 いずれにしてもフィクション
 伏し目がちに臨んだ現実と大差ないさ

 妄想の中の彼女を眺めたとしても
 手に入れる努力すらしなかったんでしょうと嘲笑されるだけ



 楽しそうだねって言われてもそうでもない
 誰だって割り切れないまま生きてる
 幻想のために必死になったとしても
 自分でいつづけるしかないから

ピーシズ・オブ・ミー
レデシー ジャヒーム
ユニバーサル ミュージック クラシック (2012-01-18)
売り上げランキング: 254877

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「朝を待つ掌」に触発を受けて書かれた)




 徹頭徹尾闊歩する理性
 ただ会いたいだけだっていうのに

 理路整然としたメール
 文法を正すためにここにいるんじゃない

 拍手喝采の雨
 クロスワードのような人生だけはごめんだって

 茫然自失の酒
 ここまで落ちぶれていたんだなって



 絶対電話してくれないだろうってわかってた
 本当に理解してくれてるのなら
 情けないぐらい待っていたのに
 同時に気持ちが切れてしまうのを恐れてた、長いこと



 右顧左眄した過去との決別が
 自身のないあなたの懐疑心を誘っても

 千変万化な人生の中で
 それは語りたくない過去だってあるでしょうよ

 勇猛果敢に凡人が才人に挑むさまを
 あなたへの視線に置き換えて、いつの間にか泣いてた

 
 



 またたきの間に変わった空想をいだいても
 その腕の中に抱かれてた
 いいようにされていたから
 爆弾のように破裂しそうさ

プット・ユア・バック・イントゥ・イット
パフューム・ジーニアス
ホステス (2012-02-15)
売り上げランキング: 159285
 酒を飲むと翌日PCの調子が悪いことが多々あるんだけれども、今回はネットにつながらなくなって
 無線LANでつなげているので、そこらへんも含めてあれこれいじってみたんだけどどうにもならなくて、結局システムがおかしくなっていたのだけど、復元ポイントも保存していなければ、サービスで付いてたバックアップ機能とかも使える状態ではなかったのでOSを再インストールすることに

 一応、ネットで調べて使っているブラウザとかのデータの移行に備えたつもりだったんだけど、ネットブラウザとiTunesの設定の移行は全滅で泣きそうになった
 オンラインで保存しているものが少々あって助かる部分もあるけど、普段からしっかりバックアップを取っておかねばなと反省


 ところで、このせいで数日間ネットが出来なかったんだけど、その間全くやる気が起きなくて、本当にネット中毒だなと思った
 ガラケーでちまちまネットもしんどいし、かと言ってネットカフェに行ってまでネットをする気もないし

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「かえるキャンドル」に触発を受けて書かれた)




 生きてみるまでわからなかったことだ
 軽蔑に浸されるのは慣れていたから

 携帯が鳴らない人生を呪ってみても
 そういう生き方をしたのは誰かは明白だ

 フィクションが幅を利かす現代にあって
 ひもじいくらい現実にかじりついてみても

 分相応な悲嘆にくれるだけ
 身分不相応にアナタの夢をみるだけ



 気が触れたって思ってるだろう
 挑戦さえしなかったくせにって
 だけど今ならはっきりわかる
 もう一度目の前に現れてくれたらと思ってる



 コレジャナイロボみたいに
 上手く具象化されたこれじゃない世界

 ちょうど勘違いから始まる恋愛があるように
 恐れから何も始まらないことがあったっていいはずだ

 こっち見てるのはわかってんだぞ
 カラオケルームで蔓延る残響

 ああはなりたくないって思ってるのかい
 ああなってることに気づかずに



 忘れされるような現実がやって来ても
 同時にがっかりさせるようなこともやってくるんだ
 ようやく欲しいものがわかったんだ
 アナタがボクのものになっていたらな

ノーバディーズ・チューン~ベスト・セレクション~
ウーター・ヘメル
ユニバーサル ミュージック クラシック (2010-09-08)
売り上げランキング: 98955
 さて、今回取り上げたのはブルートーンズの「Slight Return」
 「Slight Return」といえばジミヘンを連想するけど
 ブルートーンズはブリットポップを代表するバンドらしい


 歌詞の内容は、後ろ向きになっている人を励ます感じ

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「Light as a Father」に触発を受けて書かれた)




 キミはいつもついてきて欲しいような顔をするけど
 戻ることができるからこそどれだけ離れたか意識することもできる

 鳥が飛び続けることができないのは
 孤独に耐え切れないだけなのさ

 キミは無限であるとともに有限だ
 皮肉に取りそうだから口にはしない

 その目に映るはずのものがこの目には映らない
 それはけして悲劇ではないのだから



 着地点なんて決めなくていい
 全てが明らかにされるとは限らない
 奇跡を待ってた日々はもう終わりさ
 全ては上手く消え去っていくよ



 いつだって軽々しく更新する世界新を
 本人だけは誇らしく思っているというのに

 ちょっとした言い間違いでさえ人格の否定の材料になる
 思ったほど人生はプライベートなものじゃない

 自由でいることってことだけだって決意がいるのに
 束縛から解放されるってことならなおさら

 目に映る景色が同じだったならって思うけど
 聞いたことのあるような歌ばかりうたってた



 何も学んじゃいないんだよ
 不運にもチャンスを逃しただけなんだよ
 全てを理解しているわけではない
 奇跡を待たなくてもいいんだよ

ザ・ベスト・オブ・ブルートーンズ
ブルートーンズ
ユニバーサル インターナショナル (2002-04-10)
売り上げランキング: 41660
 さて、今回取り上げたのはSummer Campの「Better Off Without You」
 これも多分雑誌で知ったんだと思う
 2010年デビューのイギリスの男女二人組らしい


 歌詞の内容は「あなたと別れたほうが賢明」という題名のとおりのものなんだけど、ちょっと主人公に未練がある感じ

 (このエントリは「MIO~リスペクトワールド」の「目隠しの空」に触発を受けて書かれた)




 愛人じみた姿を盗み見る
 憧れているのを気づかれてはいけないから

 いつだって真似ぐらいはできる
 できないってのとできるけどやらないってのは違う

 人生をつまみ食いしてきたことの罰だ
 お腹を壊したことがないってのは自慢にはならないぞ

 空耳を凱歌にしたって
 すり減っていくのは靴じゃなくて



 いつだって上手にこの時間を浪費していく
 少し疎ましかった日々が懐かしいよ
 もう戻らないと誓った言葉を
 幸せになれるのかもしれないな



 仮面を脱いだ後にため息をついても
 自分の顔をしたそれをすぐには捨てられない

 多様性のない世界なんてクソ食らえって思っている一方で
 自分の好きな曲が他人に思ったほど好かれていないことに落胆をしていないかい

 矛盾こそがゴッドファーザー
 唯一、この存在を認めてくれるものさ

 愛するものが全てに愛されていて欲しいと願っていながら
 自分以外の誰も愛していなければいいと願っている



 誰にも好かれたことなんてない
 共感をはねつけてきた人たちの
 必要としなかったことに気づかなかったのかい
 愛さなかったのに耳を傾けなかったのかい

WELCOME TO CONDALE
WELCOME TO CONDALE
posted with amazlet at 12.08.01
SUMMER CAMP
VINYL JUNKIE RECORDINGS (2011-10-19)
売り上げランキング: 210575
最新コメント
[10/28 もっぱら]
[10/26 MIO]
[10/26 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/04 MIO]
[10/04 もっぱら]
[10/03 もな]
[09/07 もっぱら]
[09/07 もな]
[08/19 もっぱら]
Amazonライブリンク
お買い得ウィジェット(DVD)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
もっぱら
性別:
非公開
自己紹介:
 

詳しいプロフィールはこちら










 

連絡は moppara20060122あっとgmail.com  まで

カウンター
バーコード
ブログ内検索
過去のエントリ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) やんぬるかな跡地(2012年11月23日からアメブロに移動してます) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]